高齢者向け施設の違いについて

老人ホームには色々な種類があり、快適に過ごすためには、利用者が自分に合った施設を選ぶことが大切ですよ。

施設は介護度や医療依存度によって異なり、介護度が高くて医療依存度も高い場合には、介護療養型医療施設や介護老人保健施設、介護度が高い人には特別養護老人ホーム、介護度が比較的低い場合には、グループホームや健康型有料老人ホームがオススメです。

公的施設は、医療法人や社会福祉法人が運営しており、特別養護老人ホームは自宅での介護ができない方向けの施設になっていて、他の施設よりも比較的安い料金設定で、食事や排泄介助などの介護サービスを利用できます。

介護老人保健施設は、リハビリに重点を置いているため、病院から退院後に自宅に戻るのが不安だと感じている方向けの施設です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る