老人ホームと高齢者向け住宅の違い

今回は一般的に認知されている介護付き優良老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いを、要約してご紹介致します。
サービス付き高齢者向け住宅を有効活用するためにはいくつかの注意が必要ですが、その注意は介護付き有料老人ホームとの違いにありますので、これを知っておくだけでも施設選びに大きく役立つと思います。

まず費用面から考えると、費用面が大きいものの一定の介護サービスが受けられるのが介護付き有料老人ホームとなります。
一方でサービス付き高齢者向け住宅は、スタッフは利用者の安否確認と生活相談のみのサービス提供となり、介護サービスを受けたい場合には外部サービスを利用することとなるのです。

介護サービスが必要と言う面から、介護付き有料老人ホームを設立するには自治体の許可が必要、つまり総量規制のある施設ですが、サービス付き高齢者向け住宅は総量規制が無く自由に設立することができ、あくまでも高齢者が住みやすい住宅を提供している面が強く、介護サービスはオプションとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る